ライターコピペ確認大丈夫?【コピペ確認ツール】【CopyContentDetector】

ブログ運営者やサイト運営者の方は、記事を外注する際コピペされた記事ではないか心配になりませんか?

実は、コピペされた記事はサイトに悪い影響になってしまうのです。
何も知らずにそのまま外注した記事を使っていたら、収益アップにもつながらずただただ損してしまうことになります。

本記事では、コピペはなぜ悪い影響をもたらすのかコピペの確認はどうすればいのかご紹介していきます。

コピペチェックしないとやばいことに!?

せっかく外注して書いてもらった記事なのに、「なかなか伸びない」「Googleに上位表示されない」なんて思ったことありませんか?

それの理由は二つあります。

一つ目
・そもそも良い記事ではないから
二つ目
・コピペを使って記事を作成しているから

一つ目のそもそも記事が良くないというのは、違うライターさんに記事作成をしてもらうしかないのですが、二つ目のコピペを使っている場合は外注したライターさんを注意するようにしましょう。

最近は、コピペで作成した記事はSEO的に悪い評価をつけられてしまいGoogleに上位表示されずらく、著作権の侵害とされてしまう可能性もあるためとても危険です。

なので、絶対にコピペで作られた記事でないか確認する必要があるのです。

自分で全て記事を書いているから、関係ないやなんて思った方もいると思いますが実は、そうでもないんです。

Googleにはたくさんの記事が存在しています。

そのため自分で書いた記事でも、即に同じことが書かれた記事が存在することもあります。

語尾や語順が多少違う場合でもコピペだとシステム的に疑われてしまう場合があるので、気をつけた方が良さそうです。

では、どうすればいいの?と思いますよね。このような時はコピペチェックツールを使うことをオススメします。

コピペチェックツールって?

コピペチェックツールってあまり聞かないので、わからない方もいますよね。

簡単に説明すると、コピペしていないか確認するためのツールなんですが、これだと字を見ればわかるよと言われると思うので、もう少しわかりやすく説明します。

コピペチェックツールとは、コピペしていないか確認したい文章をコピーしてコピペチェックツールに貼り付けることで、審査をすることができるツールのことです。

ほとんどのツールは、たったこれだけの手順で使えるのでPC作業が苦手な方でも簡単に扱うことができます。

おすすめのコピペチェックツール

おすすめのコピペチェックツールは、【CopyContentDetector】です。

CopyContentDetector」は基本的には無料で使えて操作も簡単に使うことができます。

コピペチェックツールの画面はこんな感じです。
文章を登録の部分に解析したい文章をコピペして審査するだけです。

こんなにいいツールなのですが、無料プランでは4,000文字までしか審査をすることができません。

まあ、そんなに一気に使うことがないと思うの4,00文字も無料で使うことができれば十分だと思いますが、もし字数を増やしたい方は有料版を購入し使ってみてください。

今回ご紹介した、コピペチェックツール「CopyContentDetector」はこちらから
CopyContentDetector

【起業したいけど・・・】何もない人でも起業は可能?【あまりお金をかけずに起業する】

【個人で稼ぎたい方必見】金字塔∞アフィリエイトは稼げる?【100記事達成での変化は?】

【ビデオ通話】汚い部屋でも誤魔化せるSnap Camera【オンライン会議にも活躍!】

当サイトのWordPressテーマ

【STORK19】

1ヶ月目から5桁の収益を発生させた最強テーマ
(11,00円)

初心者にもとても使いやすいため、とてもオススメです。

≫『STORK19』のレビュー記事はこちら
≫STORK19の紹介記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

アーカイブ